A塾

お問い合わせ・お申し込みはA塾まで

0574-63-4571

岐阜県可児市今渡706-1 一光ビル
ajuku2011@gmail.com

A塾トップページ>A塾の理念

がんばる子ども達のために、A塾の理念

「BEST STAGE FOR CHALLENGERS」
A塾は、生徒一人ひとりのための「ステージ」である。
演じるのはもちろん子どもたち。私たちA塾の講師は出演者全員の成功を願う裏方。
晴れの舞台に立つ仲間・先輩・後輩、生徒達自らがパワーを発し、
そしてまた別の生徒がそのパワーを得る。
そんな教室、「挑戦者たちのパワーが連鎖する空間」であり続けたい。
そして「がんばる子ども達のために」A塾はこれからも存在してきます。

A塾 代表 村瀬毅

 がんばる子ども達へ 一生懸命やることの大切さを伝えたい


 A塾はがんばる子ども達が集う場所です。受験に向かって、夢に向かってがんばっている子を全力でサポートしたい、そう思い2000年に生徒3名と講師3人で開校しました。

 いつからか一生懸命やることがかっこ悪いことになってしまいました。「個性」という言葉がもてはやされ、コツコツやるよりも好きなことをやればよい、そんな時代になってしまったように思われます。しかし、自分らしく生きるためには必ず努力が必要なのです。海外で活躍するスポーツ選手や芸能人も、テレビを通して見る華やかさの裏には並々ならぬ努力があります。決して『自分らしさ』と『一生懸命さ』は相反するものではありません。一生懸命やることが“かっこいい”と子どもたちに気づいて欲しいと思っています。一生懸命やっていないと、“感じることができない”状態に陥ります。たった一つ、これを怠ることで、他の全てに影響を及ぼすことになります。つまり、すべての物ごとが単なる情報として素通りしてしまいます。一生懸命やらないと本来見えてくるはずのものが見えてきません。しかし、一生懸命やることで「更に自分を成長させるために何が必要なのか」が見えてくるようになります。吸収力が格段に違ってくるわけです。そういう子どもたちは、自分よりがんばっている生徒、あるいは先生達から学び取ろうと必死になって周りを観察します。もちろん塾という限られた領域の中だけでなく、その生徒が日常生活の中で関わるすべての物ごとに対しても学び取ろうと積極的になっていきます。一生懸命やっている者だけが感じられることがあるというのは、つまりは「意識」の問題なのです。

 さらにA塾では、「一生懸命やること」とともに、「基準を意識すること」の重要性を伝えています。
 社会には様々な基準があります。高校や大学進学のための入学基準や企業へ就職するための採用基準などがそれに当たります。夢を叶えるための大前提として、そういった社会的な基準をひとつひとつクリアしていく必要があります。もちろんこれらは他人が決めた基準です。いくらその基準に対して疑問を持ったとしても、現実として存在する以上それらを乗り越えていかなければなりません。基準に背いて、自分勝手を押し通そうとしてもこの社会では通用しません。教育に関して言えば、「ゆとり教育」の名のもと、近年は“学力基準”が下がっていました。しかし、その先にある高校や大学、あるいは就職試験などすべての基準が下がっているかといえば決してそうではありません。「ゆとり教育」時代の公教育の基準を素直に受け入れていては夢を実現することはもちろん、目の前にある受験を突破することすら難しいのではないでしょうか。また、成績表が相対評価から絶対評価に変更されたことによって基準が見えにくくなってしまいました。だからこそ、今のうちから一生懸命やることによって、それらの基準を乗り越えることができるだけの力を子どもたちに身につけてほしいのです。もちろん、時がたてば基準も変わっていきます。基準が変われば取り組み方も変わります。しかし、それは単にアプローチの仕方が変わるだけのことです。目標に向かって努力することは、いかに基準が変わろうとも、それらを乗り越えるために必要となる普遍的な力になります。A塾に基準があるとすれば、それは「一生懸命やる」ということです。

 私は、A塾を開校する時に『FURTHER AWAY』というキャッチフレーズを付けました。『もっと遠くへ』。A塾は合格実績や合格率を自慢するただの進学塾ではありません。もっと遠くへ、今よりもっと遠くへいける力、高く飛べる力を身につけたいという向上心を持つ、そんな子どもたちの達のための塾にしたい。『がんばる子ども達のために』、この思いを今までもこれからも持ち続けていきます。

A塾代表 村瀬毅